NOKA!

チョコレートのような、ちょっと嬉しいエピソード。

*

美容

乾燥肌に協力な助っ人

2017/02/23

肌の悩みは1年中ありますね。

春は花粉症によるアレルギー反応。(かゆみ・ただれ)

夏はあせも・日焼け。

秋は夏に受けた肌のダメージ(主に日焼けによる肌の乾燥)が回復できない。

冬は乾燥肌でかゆい。

肌トラブルの原因は潤い不足による肌バリア機能の低下。肌は本来バリア機能を持っていて外部の刺激から肌を守ってくれます。でも肌が乾燥すると角質層に隙間ができてアレルゲンや紫外線が内部に侵入しやすくなって肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

カラカラに乾燥した砂漠に水を与えても水分を保持できません。それと同様に乾燥で肌バリア機能が低下した肌は潤いを保持する事が難しい状態になってしまうのです。

そこで、肌の角質層に潤いを届け保持する保湿ケア用品の「みんなの肌潤糖」がお気に入りです。肌潤糖は成分の80%が砂糖で残り20%は植物性オイルでできています。

砂糖は保湿浸透力に優れているので乾燥肌にピッタリの保湿ケア用品です。

肌潤糖は水を少し加えてペースト状にしてから、肌の気になる部分にぬるのですが、これが凄く気持ちよいの。柑橘系の爽やかな香りに砂糖スクラブのつぶつぶが、かゆみを伴う乾燥肌に丁度よい刺激なのです。これが塩スクラブだとしみて痛いと思うのですが、砂糖スクラブは優しく肌に浸透します。肌にのせてマッサージするように馴染ませていくと体温と水分で溶けてゆくのです。

砂糖のつぶつぶ感がなくなると1~2分置きます。肌の角質層まで潤いを浸透させるのです。1~2分が経過してお湯をサッとかけて流すとビックリするくらい肌が潤います。肌がモチッとしてるの。指で押したら戻るような感覚です。

砂糖で保湿できるなんて考えた事なかったけど「みんなの肌潤糖」を知ってしまったので、これからも使い続けます。

 

-美容