NOKA!

チョコレートのような、ちょっと嬉しいエピソード。

*

家族

父と母が元気で過ごしてくれていることに感謝です

2018/01/29

現在住んでいる場所から、私の実家に帰省するには、車で2時間程かかるので、残念ながらしょっちゅう帰省することは出来ません。両親共に歳を重ねてきたこともあり、最近はいろいろな面で心配でした。

そんな時に、実家の母から急に電話があり、1週間程前から父の胃腸の調子が悪いらしく、検査入院することになったという連絡でした。

内視鏡の検査で、日帰りでも出来る検査らしいのですが、父は高齢なので、念の為に一泊の入院になったそうなんです。検査日を聞いていたので、退院後は検査結果はどうだったか心配でした。

数日後、母から連絡があり、腸にポリープはあったそうなんですが、悪性の物ではなく心配ないとのことでした。それを聞いて私もほっとしていたのですが、何より母が一番心配していたので、正直ほっとしました。

実家に帰った時には、母とは良く話をするのですが、父との会話は何を話していいのか、耳も遠くなってきたので、最近は特にたいした会話はありませんでした。

ですが、父がいつもの席に座って本を読んだりしているだけで、なんだか実家に帰って来たなと思い、居てくれるだけで安心していたんです。

父と母が元気であることも、もちろん嬉しいのですが、そのお陰で、自分の生活も平穏に暮らしていくことが出来ているんだなと、今回のことで改めて父と母に感謝しました。

もちろん、言葉では言い表せないのですが、今度時間の余裕のある時にでも、父と母の様子を見に、実家に帰省したいと思っています。

-家族