NOKA!

チョコレートのような、ちょっと嬉しいエピソード。

*

家族

辛い時って優しさが身に沁みますね

私は万年の肩こりで悩んでいます。
販売スタッフをしているので、立ち仕事で接客業だけど
そんなに気を遣う仕事でもないのに、足は全然痛くないのに
肩甲骨から肩にかけて痛むことが多く、週に2回ほど整骨院に通っています。

でもその日は、凄く疲れてたので仕事帰りに整骨院に寄ろうと思ったけど
前まで行ってビックリ。外からでも分かるくらい混んでて。

しかも職場で凄く態度の悪い常連客がいるんですが…その方がいるのが見えました。
その様子を見て時間も遅かったし入る気になれず、しょんぼりしながら帰宅しました。

でも帰ってからもやっぱり肩が痛くて。
いつも我慢してたら頭まで痛くなってきて、それでも我慢すると気持ち悪くなり
寝込んでしまうこともある私。

「あーやっぱり寄ってくれば良かったかなー、でも入れなかったなー」と
思いながら痛む頭を抱えて少しリビングで横になっていました。

すると、先に帰宅していた旦那が近づいてきたので食事の催促かと思い、
「あ、ご飯すぐするからちょっと待ってね」
と立ち上がろうとすると、「いいから横になってろ」とうつぶせになってた
私の太ももの上にドカっと座り、グイグイ背中を揉みだすではないですか!

仕事で疲れてる旦那にまさかマッサージして貰おうとも思ってなかったし
一言も催促もしてないのに、言わずとも私の痛みと辛さを分かってくれた
旦那の気遣いと優しさに嬉しくて涙が出ました。

あまり上手ではなかったけれど、30分近く一生懸命揉んでくれました。
旦那曰く、いつも帰宅するとバタバタしている私が横になっていたので
重症だと思ったようです。

私も旦那が辛いときには分かってあげれる妻になりたいな、と
しみじみ思いました~。

-家族